芯のあるニキビを治す!

芯のあるニキビができる原因と有効な対策法

芯のあるニキビができる原因は?

 

ニキビの初期段階である、芯のあるニキビが気になって、潰してから芯を出したくなる人も多いのではないかと思います。

 

毛穴に皮脂が詰まり、ニキビの芯ができ始めた状態を、「白ニキビ」といいます。

 

そこから詰まった皮脂が酸化して黒くなった状態を、「黒ニキビ」といいます。

 

跡が残らないようにニキビを治すには、これらの芯のあるニキビの段階で、
芯を正しいやり方で摘出したり、治療することが重要です。

 

ニキビの芯は、ターンオーバーの低下や皮脂の過剰分泌によって、
古い角質が固まり毛穴が塞がれ、その内部で皮脂が酸化して
硬くなったものを指します。

 

芯のあるニキビができる原因は、ずばり毛穴の汚れ、詰まりです。

 

ニキビの芯が詰まったままにしていると、皮脂の多い環境を好むアクネ菌が
繁殖しやすくなってしまい、炎症が起こって赤ニキビとなります。

 

赤ニキビの段階になったら、絶対に触ったり潰したりしてはいけません。

 

手で潰して出そうとすると、手についている雑菌が毛穴に入り込んで、
さらに炎症が悪化したり、毛穴に傷がついてしまうリスクがあります。

 

赤ニキビから膿が溜まった黄ニキビへと移行しますが、
この段階でももちろん無暗にいじるのは厳禁です。

 

できれば、白ニキビ・黒ニキビの段階でも、安易に潰して出すよりも
洗顔で毛穴の汚れを取り除いて、自然に改善させることが望ましいです。

 

 

適切な洗顔料を選んで正しい洗顔を行えば、
無理して芯のあるニキビを潰そうとしなくても、
白ニキビ・黒ニキビの段階で自然とキレイに治っていくのです。

 

正しいニキビケア抑えるべき3つのポイントって?

 

芯のあるニキビケアには、泡をしっかり立てたモコモコ洗顔や保湿が大切だと言われていますが、ちゃんと実践しているつもりなのに、なぜか治らないで、お困りではありませんか?

 

実は当たり前のように行われているニキビケアは、勘違いしたまま間違った方法で実践している人も多く、かえって芯のあるニキビを悪化させていることもあります。

 

 

正しいニキビケアで、抑えておくべき3つのポイントをご紹介します。

 

 

@洗顔では肌を乾燥させないこと。

 

芯のあるニキビに効果的と信じ込まれている「モコモコ洗顔」は、実は肌の汚れだけではなく、肌に必要な潤いまで奪ってしまっています。

 

しっかり泡立つ洗顔料は脱脂力は強いのですが、その代わりに乾燥肌を招きます。

 

毛穴の汚れや古い角質をしっかり除去したうえで、うるおいはキープできる洗顔料を選ばなければなりません。

 

A水分を逃がさない保湿をする。

 

ニキビケアで保湿は非常に重要ですが、間違った化粧水選びでかえって乾燥を悪化させてはいないでしょうか?

 

一般的な化粧水では、肌表面から水分が蒸発する際に、肌の内側の水分まで一緒に逃げて行ってしまいます。

 

水分を補給し、かつしっかり逃さない保湿をする必要があります。

 

Bニキビの炎症を抑え、跡を残さない

 

芯のあるニキビが進行して炎症を起こすと、クレーターや色素沈着として跡が残りやすくなってしまいます。

 

炎症を抑え、進行を防ぐ有効成分で、ニキビ跡が残る前にしっかりケアをしておきましょう。

 

 

↓ ↓ ↓3つのポイントを抑えた【正しいニキビケア】↓ ↓ ↓